太陽光発電の一年間での発電量

太陽光発電の一年間での発電量


太陽光発電の一年間での発電量
太陽光発電の発電量というのは、地域や屋根の角度、方位、隣地や周辺の建物の影響によって変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。 続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。太陽光発電の設置に関するメーカーや電力会社主催の地域を絞った太陽光発電のセミナー等に是非とも参加をしてみてください。
地域における太陽光発電の過去のデータを知ることが出来るので太陽光発電導入の検討材料にすることが出来るでしょう。

もし4kw程度の太陽光発電を導入した時の年間予測発電量というのは、4500kwh〜5400kwh程度を期待することが出来ます。
この発電量を電気料金として考えてみますと、おおよそ17万円〜20万円前後の電気料金となります。




太陽光発電の一年間での発電量ブログ:170723

おれは、5年ほど前に階段から落ちて頭を強く打った。
医者から外傷性くも膜下出血と診断され、長期間の入院と通院が続いた。

もう一度、大好きなマラソンができるのか、
気持ちがブルーになりすべてがマイナス思考になってしまった。

兄は、おれの顔を見て
「顔つきが変わった」と言う。

確かに入院中は、
いつも怒った表情で眉間にシワを寄せ、
くちから出る言葉は愚痴と泣き言、そして昔の苦労話ばかりだった。

病気は、身体の健康だけでなく
心の健康、外見までも変えてしまう。

それでも
兄は笑顔で「無理しないでね、ゆっくり治してね」と
いつもリハビリに付き合ってくれた。
そしてまたマラソンができるまでに回復した。

それは、毎日兄が笑顔で作ってくれた弁当にある。
肉や魚以外に、
旬の野菜やミニトマト、ピーマン、ナス、きゅうりなどを取り入れ、
弁当はまるで野菜畑のように彩られ、大変食欲をそそるものであった。

それまで食欲のなかったおれは、どんどん食欲がわいてきた。
そのおかげで、
ホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンに出場し完走もできた。

兄の魅力は、明るい「笑顔」だ。
若い頃の写真を見ても、いつも笑顔の兄がいる。
入院中もその笑顔で、元気をもらった。

3年前に父が亡くなった時も、
兄はママに
「おとうさんは、天国に行って好きな釣りをしているよ」と
優しく笑顔で言ってくれた。
ママは、嬉しそうに「そうだね」と答えた。

兄の笑顔は、おれを元気にするだけでなく、
家族みんなを明るくしてくれる不思議な力を持っている。

太陽光発電の一年間での発電量

太陽光発電の一年間での発電量

★メニュー

補助金などは後で戻ってくるので導入時にはまとまった金額が必要
10年、20年のスパンで見ていけば十分に元が取れる
助成金を申請出来る自治体ならお得に導入
太陽光発電の一年間での発電量
太陽光発電は環境に配慮しながら光熱費をグーンと節約可能
太陽光発電のシステムの多くのメーカーは10年保証が一般的
太陽光発電を設置するための費用について
太陽光発電システムを導入する際のメリット
天候によって大きく変わる発電量
太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)原発の時代は終わり!だから太陽光発電