太陽光発電の一年間での発電量

太陽光発電の一年間での発電量


太陽光発電の一年間での発電量
太陽光発電の発電量というのは、地域や屋根の角度、方位、隣地や周辺の建物の影響によって変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。 続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。太陽光発電の設置に関するメーカーや電力会社主催の地域を絞った太陽光発電のセミナー等に是非とも参加をしてみてください。
地域における太陽光発電の過去のデータを知ることが出来るので太陽光発電導入の検討材料にすることが出来るでしょう。

もし4kw程度の太陽光発電を導入した時の年間予測発電量というのは、4500kwh〜5400kwh程度を期待することが出来ます。
この発電量を電気料金として考えてみますと、おおよそ17万円〜20万円前後の電気料金となります。




太陽光発電の一年間での発電量ブログ:170924

皆様は、朝方何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
オレは日本茶が大好きで、
食パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら?

もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
24時間に何杯も飲んでいます。

おととい、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも朝方起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶で身体を目覚めさせ、
それから何かをクチに入れて出勤されるとか…

昔から
「朝方茶はその日の難逃れ」とか
「朝方茶に別れるな」
「朝方茶は三里行っても飲め」
「朝方茶は七里帰っても飲め」…など
朝方にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
24時間が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日24時間仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう?
腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心も身体も癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい連日でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!
太陽光発電の一年間での発電量

太陽光発電の一年間での発電量

★メニュー

補助金などは後で戻ってくるので導入時にはまとまった金額が必要
10年、20年のスパンで見ていけば十分に元が取れる
助成金を申請出来る自治体ならお得に導入
太陽光発電の一年間での発電量
太陽光発電は環境に配慮しながら光熱費をグーンと節約可能
太陽光発電のシステムの多くのメーカーは10年保証が一般的
太陽光発電を設置するための費用について
太陽光発電システムを導入する際のメリット
天候によって大きく変わる発電量
太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)原発の時代は終わり!だから太陽光発電