天候によって大きく変わる発電量

太陽光発電のデメリットとしましては、やはり導入コストが高いということになります。
1kwあたりのシステムの工事費が65万円だった場合、3.5kwのシステムの工事費は単純計算で228万円となるのです。 太陽が出ていれば何かを消費することなく効率的に電力を作ることが出来るのが太陽光発電です。
続々と太陽光発電の導入が行われており、まさに今が時代の変わり目となっているのです。太陽光発電は発電量が天候に大きく左右されることとなり、一定で安定した電力を常に確保することが出来ません。
仮に天候に一切左右されない太陽光発電を導入しようとしますと、さらに高額な機械が必要で一般家庭では難しくなります。

 

太陽光発電は可働箇所が無く、また燃焼する素材で作られていません。
なのでパワーコンディショナー以外は、比較的長寿命な設備と言えますが、定期点検の必要性はあります。





ブルーベリー サプリナビ
URL:http://www.suplinx.com/shop/e/ebilberry/
ブルーベリー サプリ


天候によって大きく変わる発電量ブログ:170905

息子の顎を発達させたいなら、
とにかく堅い物を食べさせよう!

柔らかい物を食べさせていると、
息子は早食いしてしまい、
咀嚼回数が極端に少なくなってしまう。

ライスなら玄米を堅めに炊く…
パンなら黒パンをト−スターで焼いて堅くする…
麺類なら茹で過ぎないで、少し堅めに茹でる…

こういった措置を施せば、
息子は咀嚼回数を多くせざるをえなくなり、
顎を発達させていくことになる。

野菜の中でも根菜類は食物繊維が豊富なので、
サツマイモ、ジャガイモ、大根、玉葱、ゴボウなどを頻繁に出すようにすれば、
息子はそれらを簡単には飲み込むことができず、
咀嚼回数を多くすることで
口の中で細かくしていかざるをえなくなる。

肉などは、大きめな肉を食べさせよう。

焼肉のように口でモゴモゴできる大きさこそ、
肉の味を堪能できるのであって、
肉を細かくしてしまうと、
結局、肉を加工することで肉以外の味を味わうしかなくなる。

ハンバーグなどのようなものは、
出来るだけ回数を減らすのが望ましい。

それと
定期的に木の実を食べさせよう。
木の実はどうしてもポリポリと食べざるを得ず、
息子に木の実を与えておけば、自然と咀嚼回数が多くなる。

落花生などは殻つきのものを購入して、
母と息子が一緒に殻を剥きながら食べると、
息子は自然と咀嚼回数を多くするのである。

スルメや干し肉といったものも
息子の顎を鍛えるには貴重な食品。

息子の場合、まだ顎が発達していないので、
スルメなどは一切れ与えても、
長時間にわたって咀嚼し続けているものだ。

母は自分の虫歯予防のためにも
スルメや干し肉を定期的に食べて、
その際に息子に分け与えるようにしよう!